忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[247]  [246]  [245]  [244]  [243]  [242]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
0347c242.JPG


 
このたびのやまいはさすがに 
あるこほるのしょうどくのみではきかないらしく



5月初旬にナニモノカに罹患いたしました。
38度の熱が出て、
でもなんとかバファリンなど飲んで仕事して。

数日で熱は下がったのですが、
ただなんとなく微熱が続き・・・

その微熱もようやく止んで、ほっとしたのもつかの間、
また37度5分ほどの発熱。

咽は痛いし、頭も普段以上にぼぉっとしてまして。

で、本日。

さすがに心配になって苦手な医者にかかるという決断をいたしました。
いざ松本市内の診療所へ。

①診察

なんかどうやら流行りの病らしいのですが、
「うーんなんだかよくわからないんだけどね」
を3回ほど繰り返す先生。
実はぼくもよく分からないんです。
気が合いますね、先生。

②吸入

痰のからみをとるための薬剤いりの霧を吸入。
バリトンサックスのマウスピースくらいの太さの吸入器先端を、
もがりと咥えて待つこと10分。
さてお次は。

③点滴

天敵の、ではなく点滴の針を刺そうとしている看護師さんに、まずは一言お断り。
「注射も、血を見るのも苦手なので、目ぇ瞑っていますよ」
「はいはいどうぞ、やっぱりいやなもんですよね」

ちくり

「うーん、いい血管ですね」
「思わぬところを褒めていただいて、すごくうれしいです。
ところでいい血管ってどんな感じなんですか?」
「張りがあるんですよ」
「ハリとツヤ、ですか。」
「目で見るわけじゃないので、ツヤはちょっと・・・。」

そりゃそうだ。

④お勘定

2510円也。
ランチ+グラスワイン、てな値段が吹っ飛んでしまいましたが、
お土産もいっぱい貰いました。

ソーゴーカンボーヤク
ゲネツチンツーザイ
コーセーブシツ
ノドトローチ
ヒッサツザヤク

坐薬は、38度以上の高熱になったときに使ってくれ、
とのことでしたので、本日はそれ以外を堪能いたしました。



まあ、こうやって薬並べて珍しがって遊んでいるうちが花。
健康は大事だと思った次第の一日でありました。





その後は相方の運転で池田町へ、ランチを食しに遠征。
ビストロカモミール
おいしい地場産野菜を使ったメニューが、
病の身体に優しく沁みわたりました。

池田町はいいところだよ、地味だけど、対岸の安曇野よりも好きかもしれない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご用心を。。
大変ですネ。
どんな フルコ-スと思いきや?
見慣れたような、錠剤がフルに、
若さの故に、ご無理??など等では?
こんな時こそ、奥様に感謝を。。
早期のご回復を、祈りあげます。
みみ URL 2010/05/27(Thu)09:52:48 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]