忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

111cbfcb.jpg


 




















すず風のそよとも吹かぬ夏の日に 
         なぜ溶けざるや はつゆきの花


7月中は、家に帰ると立派な立葵がわが世を謳歌していましたが、8月に入って家に帰ると、見慣れぬ白い植物が繁茂していました。

相方に名を聞くと「ハツユキソウ」とのこと。

なるほど。
「ウスユキソウ」ならば、白馬在住時に八方尾根でおなじみでありましたが、「ハツユキソウ」とは初耳です。
八方尾根と言えば、これに似たような花で「白山大戟」とか「高灯台」とかいう植物がありまして、このテの花だかガクだか葉だかよくわからないような花は実は好みなのですが、どうもよく似ているなと思い、調べてみるとドンピシャリ、同じ「タカトウダイ科」の植物ということでした。

ちなみにみなさんご存知のクリスマスに欠かせない「ポインセチア」も、実は同じ仲間。ふーん。(←基本的に園芸品種には冷淡なヒト)

それにしてもこの大暑の候に、なんとも異な名の花であることよ、と思った気持ちを詩に詠んでみたのではありますが、ちょっと美化しすぎたかな。
暑さで参っていたそのころ、この名を聞いたときの気持ちを素直に表現すると、以下のようになるかも知れぬ。

名のみではひやりともせず 初雪草
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]