忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の四賀村訪問の際に思いついた、チャリによる松本から四賀村への峠越え案。
本日下見のつもりで、峠の登り口あたりまでは行ってみようと、お昼過ぎにおうちを出発しました。

松本から四賀へ至るルートは、都合4本あります。
東から、稲倉峠、刈谷原峠、馬飼峠、そして現道の国道143号線です。
うち刈谷原峠、馬飼峠は、快適に走行できるか(つまりチャリを担いだりしなければならないような場所がないか)、地形図を読んだ限りでは疑わしいので敬遠。
国道143号は、非常に西に遠回りをしています。自動車が快適に速度をだせるよう、勾配のゆるい場所を選んだ結果のルートなのでしょう。自動車でなければ全く価値の無いルートです。
稲倉峠は、舗装の程度は不明ですが、どうやらOKなようです。

国道以外の他の三峠は、地形図を見る限り、古来より背後の山を越えての、四賀・松本平間のおつきあいに欠かせない生活道路だったのでしょう。そのころの四賀・松本の結びつきは今よりも強かったのかもしれません。
でも現在は、四賀へ行くのには、事実上国道143号を使うより他に手はありません。
自動車で行くと、四賀はとても遠く感じる場所です。時間的には短縮されているはずなのに、なんだか矛盾した話ですね。
山間部に行くとこれはよく聞く話です。山を隔てて隣の集落へ行くのに、昔は歩いて背後の山を越えていたのだけれど、今は車で谷の出口まで出て、大きく山地を迂回しなければならない。

技術の進歩によって、生活は概ね便利になるかもしれないけれど、どんなことにも例外というものはあるようです。例外は切り捨てなければ、世の中は進歩していかないものなのでしょうか。

おっと、語りに入っちまった。

閑話休題。

3b0f0bac.JPGさて、ここが峠の入り口です。これで本日の目的達成なんですが、時間の余裕もあることだし、ちょっと奥まで行ってみましょうか。

年代不詳の(だって看板にもそう書いてあるんですもん)双体道祖神に見送られて峠道へ入ります。



24fb3983.JPG

そして始まるフタケタ勾配。そろそろ引き返そうか。





2c63347d.JPGイヌノフグリが綺麗だ。こんな可憐な花が、何故犬のチ○ポなんて名前になったんだろう。
ところで、画像に写っている石柱にある「館跡」とは、この峠道沿いの稜線に築かれた、かつては偉容を誇ったであろう、稲倉城の館跡なんだそうです。

・・・もうちょっとがんばって登ってみるか。


e7a25504.JPGおや?もしや前方に見えるコンクリートの法面は・・・。
あの地形といい、勾配が緩くなっている様子といい、峠は近いぞ!
・・・と思いつつ漕ぐ足に力を込めたのですが、実はガセでした。あの法面。そこからヘアピンカーブでさらに道は上へと続く・・・。ああ・・・なんてこと。

もうこうなりゃ意地です。例え日が暮れても峠まで行ってやる。

因みに「落石注意」の標識を見て、「どうやって注意しろってんだ」と茶々を入れる人がいますが、実は結構注意できるものです。その最たるものは、落石がおきそうな場所はさっさと通り過ぎること。で、落石が起きそうな場所なんてどうやって分かるんだ、って?

99298a4f.JPGこれ見て分からんかい、ボケェ!!

・・・失礼しました。
こんな感じで(これは凄すぎだが)斜面が不安定な場所、道に石が落ちている場所は要注意なのです。間違ってもこんな場所で休憩なんてしちゃいけない。(そして間違っても、こんな場所で悠長にカメラを構えているオマエは何なんだ、なんて野暮な突っ込みもしちゃいけない)

「落石注意」の看板が出たら、とにかく観察、観察。


さて、「日が暮れても・・・」なんて悲壮な決心をしたとたんに勾配は緩やかになり、気がついたら目の前に山の向こうの景色が見えていました。

d5e83706.JPG下見のつもりが、稲倉峠攻略完了。結局最後まで快適な舗装路面でした。

よくがんばった、俺。愛車のナダレ号もよくやった。

でもさすがにもう四賀側に降りて、又登り返す時間も気力もありませんので、回れ右。


因みにこの峠道は昔、参勤交代でも使った由緒ある街道なのだそう。

なるほど、当時はスーパーあずさなんて無かったからな、大名行列の皆さんは、この道で一旦上田まで出て、長野新幹線を使ったのだな。(真顔)


登りは45分かけたこの峠道、下りは韋駄天のダウンヒルで7分30秒。あー気持ちよかった。

久々の峠アタックでしたが、体力がそれほど低下していなかったのはよかった。

あ、峠名を「いなくらとうげ」って訓んでたでしょ、「しなくらとうげ」ですよ。いまさらですいませんが。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 昔の感覚 HOME 春一番 >>
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]