忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[32]  [31]  [29]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月読宮は、姉の天照大御神がまします内宮とは対照的に、訪れる人も疎らな鬱蒼たる森の中に、静かにたたずんでいます。
今回ここを訪れた目的は、月読命はもちろん、並んで祀られているご両親たる伊邪奈岐・伊邪奈美の二柱に会ってみたかったからです。

e689438b.JPG

このように、二柱は仲良くシンメトリイに並んでいます。
「古事記」では悲劇的な別れを経験した二柱ですが、後世の人々の思いは、この神々にハッピーエンドを遂げさせた・・・と自分では勝手に思い込んでいます。

相方と結婚して日が浅いワタクシとしまして、「結婚したぞ」「所帯をもったぞ」「一家の大黒柱になったぞ」という自覚を新たにするためにも、是非このハッピーエンドの状態は見てみたいものであったのです。

・・・で、自覚は新たになったのか?などと言う愚劣な質問はせぬが花。

もう一箇所、倭武命が叔母の倭姫に泣く泣く窮状を訴え、草薙剣を賜った「倭姫宮」もお参りしたかったのですが、タイムアウト、残念。でも現地付近に立って、想像のなかで街の建物すべてを取り払って往時を想像し、倭武命を偲ぶことができただけでも良かった。

尽きぬ名残を後にして、五十鈴川の駅より近鉄電車は僕らを連れ去ってしまったのでした。

本日の宿泊地「名古屋」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
46
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]