忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[29]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おかげさまでお伊勢参りも無事終了。
そんなわけで、おかげ横丁になだれ込みます。

野次喜多の時代の精進落としとしゃれ込みながら、往時を彷彿とさせる風景に再現された町並みをそぞろ歩きますと、時は午の刻を少し回ったあたり、目に付くものは食い物屋の看板ばかりなり。というか、この横丁、おそらく9割方が食い物屋関係と見受けられます。

まずは松阪牛丼やステーキ丼のお店、そして伊勢うどんや「てこね寿司」のお店、おからドーナッツのお店、香ばしい匂いを漂わせる干物屋などなどなどなど・・・。

それらが燦然と居並ぶ中に、ひときわ輝く「白鷹」の看板。

をを!「白鷹」と云へば、神宮の御料酒なりけり。伊勢まで参りて、なじかはこのお神酒を味あわでおくべきとて、取るもとりあへず店の中に入りて候・・・と、興奮のあまり頭は古文調になりつつ(文法的整合性は気にしないでください)、利き猪口一杯五勺の酒を求むるぞかし。

なみなみと注がれた酒を手に取ろうとすると、お姐さん、「まずはお口を持っていって啜ってください」とのこと。確かに!手で持ったらこぼれるわな、この量。酒の一滴は血の一滴というではないかとて、得たりとばかりに身を屈め、ずずずいっと啜ります。嗚呼、口中にあふれ、鼻腔を通り、五臓六腑に染み渡るこの御神徳!ここに至って我が身に天照坐皇大御神が降臨したのであります・・・なんていうと宮内庁の人に怒られそうですね、ごめんね、陛下。

ああ、興奮を思い出すあまり「白鷹」だけで長文になってしまった・・・。

「精進落とし」残りは次回。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]