忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[33]  [32]  [31]  [29]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

名古屋では「東横イン」に宿泊。
格安料金で、設備もよく、朝食も付いてる。
いいぞ東横イン!おトクだぞ東横イン!東急インと間違ったらごめんな東横イン!

お伊勢参りをした昨日は、移動距離も短いので18きっぷは使わず、本日の帰路にとっておきました。
本日の予定は、新快速で豊橋まで行き、そこから岡谷までぶっとおし6時間の飯田線鈍行列車の旅。(途中飯田でわずか数分間の乗り換え時間あり)
途中にはワタクシの苗字と同じ名前の駅もあり(といっても皇太子妃のご実家の苗字ではない、念のため)、わくわく。

c446b182jpeg

では世界の車窓から。
本日は「貧乏人の長旅、飯田線の旅」をお届けします。

ちなみにこのブログを書いてるPCは残念ながら富士通ではなく、Dellです。

飯田線は天竜川をさかのぼる路線。渓谷美が素晴らしい。

2de3e175jpeg

豊橋駅の駅弁は「稲荷寿し」。
豊川稲荷だからかな?

66237400jpeg

三河槙原駅。
数分間の行き違いのための停車がありました。
後ろの岩山が、渓谷の中の駅を良く演出していました。

f1fb0304jpeg

旅の友

f454437ejpeg

往路では木曽側から見た中央アルプスの山並み。
伊那谷の人々が、なぜ「木曽」駒ケ岳という呼称を嫌うか分かる気がします。
「伊那駒ケ岳」ですよ、やっぱり。木曽には御嶽山があるじゃないか。

終点岡谷での乗り換えは、走らないと間に合いそうになかったので、次の電車を待ちます。
約1時間後・・・。

駅前のショッピングセンターLaLa岡谷は、テナントが撤退してガランとしていました。
地方都市の空洞化は非常に寂しい事態です。ガソリン代が上がったのを期に、
歩いていける中心街の商店を多用してゆきたいものです。

でもこのLaLa岡谷、空いたスペースに図書コーナーが設けられてありました。
市民からの寄贈本でしょうか、たくさんの本が並べられて、
読書しながら寛げるようになっています。
良い試みです。
おかげで列車の待ち時間を快適に過ごすことができました。

1時間後、岡谷市街地の復活を祈りつつ、松本への車上の人となったのでした。


いやはや、だいぶ長くなってしまった、お伊勢参りレポート。
道中のいろんな思い出はとても貴重なものばかりで、切り捨てる気にはとてもならないほど、充実した3日間でした。
道中で出会った人々、無事に我々を運んでくれた、JR、近鉄、三重交通、鳥羽市営船、高速船王将の人々、そしてなにより伊勢の神々よ、ありがとう!!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]