忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

31a3a578.JPG

さて
上の画像は、昭和55年ごろの米沢駅の様子です。

・・・って言うのはウソ。
この米沢駅。
新幹線も停まるくせに
あまりに時代を超越した雰囲気でしたので、
ちょっとイタズラして、古いカラー写真っぽくしてみました。

ちなみにうしろ振り返ると、こんな感じ。

DSC_0338.JPG

いきなり21世紀。

それにしても
大雪の中で、コートを着て身をかがめて歩く人の姿って、
そのコートがどんなに最新流行のものだったとしても
遠くから見ると、どの時代も変わらない雰囲気なんだろうな。

車体側面の行先表示板が、あの長方形の板という
クラシカルな形式のディーゼルカーも
もちろん雰囲気作りの主役ではあるのですが
でもそれだけではこのタイムトリップ感は出せなかったことでしょう。



ところで仙台旅行記のはずが
なぜワタクシは山形県なんぞにいるのか。

それは帰り道に通ったから。

本当は帰りも東京回りで帰ろうと心に決めていたのですが
ホテルのインターネットでNAVITIMEに聞いてみたら
「こんなルートもありまっせ」
などとぬかしやがる

今更面倒なこと言うもんじゃないよ。
まあ話だけは聞いてやろう。

どれどれ
「仙山線」やら「米坂線」やら
聞いたことも無い路線名が並んでおります。

「仙台」と「山形」だから「仙山線」ね、それは分かる。
「米坂線」は牛肉の「米沢」と「坂町」・・・、さかまちってどこ?
ま、その後を読むと、このルート
東北地方を横断して日本海沿いを進めと
どうやらそういうことらしい。

おもしろそうじゃねえか。

そんなわけで、なび太君の提案に乗っかってみることにしたわけです。



で、思ったこと。
冬の東北横断が、如何に困難なことであるか。
いや、こちらはぬくぬくと列車に乗っているわけで
その列車も数分遅れた位のものでしたが
その昔
山こそ低いけれど
雪深く、谷もまた狭く深く刻まれた山岳地帯を
徒歩で渉るとなれば、それはもう命がけだったことでしょう。

しかしながら、自然は厳しさを増すほどに美しくなるもの。
特筆すべき「米坂線」の美しい車窓風景を眺めながら
こんな場所に鉄道を敷設した先人の偉業を
感謝せずにはいられませんでした。

DSC_0349.JPG

記せども記せども消える足跡に
暮らしを繋げ 海へ出るみち
(米坂線 伊佐領駅)

・・・米坂線利用促進キャンペーンの標語みたいになってしまった。



日本海沿い
新潟で買った小鯛寿司の駅弁と、ワンカップ八海山を味わいながら
海を眺めておりますと
まだあと2回乗り換え、峠も2つ越えなければならないのに
早くも旅の終わりの気分になってきました。

それくらい、この東北横断行は密度の濃いものでした。
ただ電車乗ってただけなのに。

提案ありがとう なび太。



お留守番の相方へのお土産は
「牛タン笹かま」
という実に中途半端な商品ながら

おいしかったよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
我が家のご近所までようこそ!(といってもまだ離れているけれど)
そのあたりはミニ新幹線が通っている関係上軌道が標準軌なので、再来線の車両が使えないということもあり、車両が新しいのではないかと思います。
cyah URL 2009/02/13(Fri)14:10:45 編集
無題
おやおや
ワタクシ、ちゃーさんは青森あたりの人だという先入観を持っておりました。
そうか、藤沢周平は鶴岡の出だったのですね。

山形駅では、幅の違う線路が並んでいる様子を見ることができて、とても興味深かったです。

庄内平野は、風景的にも民俗学的にも、注目しているエリアです。
来冬あたり訪れてみようかな。
くえびこ 2009/02/14(Sat)00:01:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]