忍者ブログ
葡萄畑の傍に庵を結び、日々徒然なるまま  このブログのシステムもよく理解できぬまま、 勢いで始めてしまったブログ。
[162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最終日のお話、続きでございます。

古墳見物の後は港湾地区(南港というのかな?)へ。

遠くに見えるキリンさんクレーンやら
工場へ直接高圧線を引き込むための
カッコいい形の鉄塔やらを
車窓から見物し

フェリーターミナルで一時下車。

R0014305.JPG

旅にでたくなりますねぇ、この景色。
(今旅の途中であることは、謹んで棚にあげさせていただいております)

それにしても仔細に見ると
カーフェリーはとても小気味良く合理的にできているのがわかります
 
R0014328.JPG生物が備える
神のつくり給うた美しさ、というものを
このキカイもまた
備えているようにさえ感じられます。
 
R0014316.JPG
潮風よ 我も連れ出せ 海の果て
飛沫浴びせよ 浪に酔わせよ


さて、松本への高速バスの出発時間が迫ってまいりました。
この限られた時間でできることといえばもう、アレしかありません。
そう

登山です。
 
R0014342.JPG
命を懸け、苦しきを耐えて、
やっとの思いを・・・
・・・するまでもなくたどり着いた

標高4.53m、日本一低い山「天保山」

・・・地面にめり込んでまっせ
三角点はん。

しかし、もうちょっと石段なり芝生の斜面なり、それらしいところを上ってたどり着くものだと思っていただけに、これはびっくり。本当にすぐそこは海なんですもん。

 
 






 
0a1ec671.JPG
沈む夕日と大観覧車に見送られて大阪駅へ。
車上の人となりました。

さて
女房の実家では、借りてきた猫のように大人しくしてきましたよ、という意味で
「上方借猫記」と題してはみたものの

この猫ときたら
貸した先で
実によく飲み、かつ喰らい、
遊びまわって朝寝して

そんなぐうたら猫に、精一杯おもてなしをしてくださった
相方のご家族に感謝感謝です。

おかげさまで
大阪のことを、以前よりちょっとだけ
好きになって帰ってきました。

ちょっとだけの「ちょっと」は
また訪れたいと思った、ということ。

そのたびにまた
「ちょっと」余計に好きになっていければいいなと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
最新コメント
[07/22 cyah]
[06/16 みみ]
[05/27 みみ]
[05/24 みみ]
[05/15 kenken]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
くえびこ
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1972/07/17
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(11/06)
(11/07)
(11/08)
(11/11)
(11/22)
カウンター
あし@
フリーエリア
忍者ブログ [PR]